ティモティア保水バリアクリームは赤ちゃんにも使える?

ティモティア保水バリアクリームは保湿と肌バリアで定評がありますよね。

ということは、赤ちゃんのスキンケアにも使えるのでしょうか?

気になったので詳しく調べてみました。

赤ちゃんの肌は大人よりも薄い

よく「赤ちゃんのような肌」が理想的なように宣伝されていますよね。

このクリームを塗るとぷるぷるの赤ちゃん肌になれます!みたいな。

 

赤ちゃんの肌がぷるっと柔らかいのは水分と脂肪が多いからなのですが、逆に言うと角質層など表面の皮膚が薄いということになります。

だから触った感触こそ素晴らしい赤ちゃんの肌も実はとてもデリケートな肌の状態なんですね。

 

表面の皮膚が薄いかわりに内側の水分や皮下脂肪の多さのおかげでぷるぷるの肌をキープしているんです。

生後何ヶ月かによって肌の状態が変わる赤ちゃん

赤ちゃん肌を支えている水分と脂肪。

この2つが生後3ヶ月あたりから徐々に少なくなっていき、1歳を迎える頃にはもうほとんど大人と同じぐらいになります。

なのに表面の皮膚は薄いまま・・・

これによって赤ちゃんは敏感肌になっていくんですね。

水分と脂質が少ない乾燥肌になり、外部からの刺激をモロに受けるから肌トラブルになりやすいんです。

ティモティア保水バリアクリームを赤ちゃんに使えるか?

では、赤ちゃんの敏感肌をどのようにケアしていけば良いのでしょうか?

ポイントは強い刺激を与えないこと保湿を行うことです。

強い刺激を与えない

外部からの刺激に弱い赤ちゃんの肌はちょっとした刺激でも敏感に反応してしまいます。

お風呂で体を洗う石鹸も、オーガニックの石油系界面活性剤が入っていないものがおすすめです。

ただでさえ脂質が少ない赤ちゃん肌ですから、皮脂を必要以上に洗い流してしまうと弱いバリアが更に弱まってしまいます。

なるべく刺激の弱いボディーソープを使用しつつ、優しく洗いましょう。

保湿を行う

肌のバリア機能が弱い赤ちゃんに必要なのがスキンケア。

皮膚が弱くて水分と脂質が少ない状態ですから、表面に保湿クリームを塗って守ってあげましょう。

 

その点で、ティモティア保水バリアクリームは赤ちゃんにとって効果的な保湿クリームとなりますね。

ティモティア保水バリアクリームは刺激を与えるような成分を徹底的に排除していて、防腐剤すら入っていないんです。

防腐剤が要らないぐらいの質の高さとも言えるかもしれません。

 

そして保湿効果も優れていて、1日中保湿効果が続く点でもティモティア保水バリアクリームは赤ちゃんにおすすめの保湿対策です。

塗ってすぐに肌に吸収されるのでベタついて赤ちゃんを不快にすることもありません。

 

もし赤ちゃんのスキンケアでお悩みなら一度試してみてはいかがでしょうか?