ティモティアが発揮する保湿効果の秘密

ティモティア保水バリアクリームの代名詞的効果と言えば保湿。

皮膚が乾燥すると痒くなったり、カサカサになって割れたり、刺激に対して敏感になってしまいます。

アトピーの人が毎日行うスキンケアの基本が保湿ですから、その保湿効果が高ければティモティア保水バリアクリームの需要が高くなるのは当然かもしれませんね。

ではなぜティモティアはそれほど保湿効果が高いのでしょうか?

なぜティモティアは保湿効果が高いのか

ティモティア保水バリアクリームの保湿効果の高さを支えているのが、

  • ヒト型セラミド配合
  • サンホワイトベースのクリーム

の2点。

それぞれについてご紹介していきます。

保湿と保護の効果抜群!ヒト型セラミド

セラミド自体の保湿効果が高いことは一般的にもよく知られていますよね。

そんなセラミドにもいくつか種類があり、中でも特に保湿効果が高いのがヒト型セラミドなんです。

巷の安い化粧品によく使われる合成セラミドと比べると、ヒト型セラミドの水分保持能力は2倍ほどにもなるそうなんですよ。

 

セラミドは保湿だけでなく、バリア機能の高さにも定評があります。

私のようなアトピーの人にとって欠かせない日々のスキンケアの基本は、保湿を行って皮膚を保護することですからバリア機能はとても大事。

保湿と皮膚のバリアを同時に行うセラミド、特に効果が高いヒト型セラミドだからこそ意味があるんですね。

 

更に、ナイアシンアミドを配合している点もティモティアが優れている理由です。

ナイアシンアミドはセラミドをサポートする成分で、セラミドと一緒に配合することでセラミドの効果をグッと引き出してくれるんですね。

質の高いヒト型セラミドとナイアシンアミドを配合することでティモティアは保湿効果を実現しているということになります。

高品質なサンホワイトベースのクリーム

アトピー治療(という名の症状抑制・先延ばし)でお馴染みのワセリン。

副作用の心配なく保湿できる薬としてワセリンは病院でも頻繁に処方されています。

そんなワセリンですが、実はワセリンの中でも品質に差があるんです

 

ワセリンの中でも特に高い品質のサンホワイトは不純物を徹底して取り除く製造プロセスによって高い品質のワセリンとなっています。

病院で”ワセリン”として処方されるものよりも絶対的に高品質ですね。

質が低いワセリンを配合することが多い一般的な保湿クリームと違い、ティモティア保水バリアクリームには最高品質のサンホワイトを使用しているからこそ安定品質を実現しているということです。

 

ヒト型セラミドとサンホワイトが実現する保湿とバリア

私は以前、ステロイドが怖くてワセリンをたっぷりと全身に塗りたくっていました。

副作用がないから安心で、保湿が大事だいうことばかりが頭にあったからです。

でも、ただワセリンをベタベタ塗ると皮膚を油で蓋するようなもので、保護はできるけど皮膚にとって良いとは言えません。

ティモティアのように適度なワセリンの配合量だからこそ活きてくるんですね。

 

ヒト型セラミドの優れた保湿とバリア機能、そこに高品質なサンホワイトをベースにしたクリームで仕上げる。

これがティモティア保水バリアクリームの秘密なんですね。