ティモティア保水バリアクリームは効かない!?

ティモティア保水バリアクリームを使う人にも様々な目的があるかと思います。

美容の為に使う人もいれば、何種類ものスキンケア用品をオールインワンタイプのティモティア1つで済ませたい人。

私はアトピーの症状緩和の為に使い始めたのがきっかけでした。

ネット上で時々、ティモティア保水バリアクリームがアトピーに効かないという声を見かけることがありまして、なんだかなぁ・・・と思って読んでいるのですが。

ティモティア保水バリアクリームはアトピーに効かない?

アトピーに効かないという声、これってアトピーが治らないという意味で言っているんだと思うんです。

いくらティモティア保水バリアクリームが優れているとはいえ、アトピーの症状や原因には様々な要素が複雑に絡み合っているので、なんでも問題が解決できるわけがありません。

治療ではなく保護・抑制

そもそも、ティモティア保水バリアクリームはアトピーに良いと言っても治療効果がある訳じゃないんです。

炎症を抑える治療効果はありませんので、ティモティアを塗ったのに炎症が治まらなかったから効果がない!というのはおかしな話なんですよね。

あくまでも乾燥を防ぐ、炎症の発生を事前予防するという点でアトピーの人にとって効果的な保湿クリームなのです。

アトピーの炎症を抑えるなら残念ながらステロイド

アトピーの炎症を薬で抑えるなら、残念ながら悪名名高きステロイドになってしまいます。

使い続けるのは良くないし、副作用の心配も常に付き合わなければいけない厄介なステロイドですが、発生してしまった炎症を抑えるには基本的にステロイドの役目。

対処療法でしかないので根本的な解決にはなりませんが、酷い炎症を放置する訳にもいきませんからね。

保湿はスキンケアの基本

アトピーの場合は体に取り入れるもの、食べ物や生活環境などを見直すことと、体から毒を外に出すことを考えて取り組む必要があります。

治すという点では、日々の生活そのものが全てといって良いですね。

 

そんな生活の中で、肌を保湿しながら外部刺激から守る為に使うと効果的なのがティモティア保水バリアクリームなんです。

肌の状態を保つ、守るという目的でティモティアを使いながら、生活を改善するのがアトピーを治す秘訣

 

アトピーの場合は皮膚から毒が出ている状態ですから、どうしても表面から何かを塗るだけでは治らないのが辛いところですよね。

体に悪いものを食べる機会を減らすとか、化学物質に触れる機会を避けるとか、毒素を排泄する機会を増やすといった根本改善を並行して取り組みましょう。