手荒れのケアにも使えるティモティア保水バリアクリーム

皮膚が乾燥してバキッと割れると痛いですよね。

アトピーの私は当然体のいろいろなところが割れて痛い思いをした経験があります。

 

私のようなアトピーでなくても、ひび割れしやすい部位の一つが手。

特に家事をしたり、仕事で水回りの仕事がある人は手荒れに悩まされがちです。

今回はそんな手荒れのケアについてお伝えしたいと思います。

手荒れが起こるメカニズム

水に触れる機会が多い人が起こしやすい手荒れ。

この手荒れが起きる原因の一つが、肌を守っているセラミドが流されてしまうことです。

セラミドは角質の細胞間で水分と油分が交互に重なり合うラメラ構造で肌の水分を保つ役割を果たしているので、このセラミドが流されてしまうと肌が乾燥すると同時に無防備な状態に!

これによって手が乾燥してガサガサになり、ちょっとした刺激からも表面のバリアがない状態でダメージを受けてしまうのです。

そんな状態でまた水仕事を繰り返すと・・・手荒れを起こして当然の悪循環になっているんですね。

ティモティア保水バリアクリームで手荒れを防ごう

手荒れにティモティア保水バリアクリームが有効なのは、先ほどのセラミドがたっぷり配合されているから。

しかもセラミドの中でも特に効果的なヒト型セラミドが特徴のティモティアが荒れた手先をしっかりと保護してくれるんです。

水仕事で手の表面からセラミドや水分が減ってしまったら、こまめにティモティアで保湿・保護しておくと効果を実感できるかと思います。

手荒れを防ぐために気をつけること

手荒れの原因として、特に家事をしているとありがちなのが化学物質による手荒れです。

アトピーの原因にもなる界面活性剤は有名ですね。

食器を洗う時に使う洗剤には石油系界面活性剤がたっぷり含まれています。

 

この石油系界面活性剤はやっかりで、洗剤の洗浄力を高めてくれるかわりに毒性もちゃっかり高くてヒトには刺激が強すぎるんです。

洗浄力が高いということは油を洗い流す力が強いので、手の表面にある油分まで流してしまい、手荒れを起こしてしまうんですね。

 

更にアトピーに大きな悪影響を与える界面活性剤。

皮膚は呼吸していると言われているように、皮膚表面に触れると体内へ吸収してしまいますから、界面活性剤を吸収してしまうのです。

 

食器洗いをする際はなるべく短時間で終わらせる、洗剤を使いすぎない、ゴム手袋で手を保護するといった対策が考えられます。

最近は水道水の塩素も問題になっているように、塩素も手荒れやアトピーの原因になりますので、どちらの側面から考えても水仕事には工夫が必要だということですね。